PR

 ソニーは2011年8月24日、デジタル一眼カメラを4機種発売すると発表した。「Aマウント」を採用する一眼レフタイプの「α77」と「α65」、そして「Eマウント」を採用するミラーレス一眼タイプの「NEX-7」と「NEX-5N」になる。

 α77は、Aマウントの一眼レフでは中級機の扱い。新開発の、2430万画素「Exmor APS HD CMOSセンサー」を搭載している。常に、イメージセンサーとAF(オートフォーカス)センサーの両方に光を当てることで、高速な位相差検出AF(フルタイムコンティニュアスAF)を実現している。これにより、AFが追従した状態で毎秒12コマの連写ができる。AFセンサーは19点で測距し、うち11点クロスセンサーを搭載する。内蔵の電子ビューファインダーがXGAの有機ELタイプ(XGA OLED Tru-Finder)になり、解像度やコントラストが向上した。また、背面の3型液晶モニターは回転軸がα55の2軸から3軸に増え、縦位置の撮影のときも使いやすくなった。動画撮影機能も向上しており、フルHDの解像度で60pのAVCHD(ver.2.0)動画を撮影できる。動画の撮影中もフルタイムコンティニュアスAFは有効になる。サイズは幅142.6×奥行き80.9×高さ104mm。重さは本体のみで635g、電池とメモリーカードを含めると732gとなる。実勢価格はボディーのみで約15万円、「DT16-50mm F2.8SSM」が付属するズームレンズキットは約21万円の見込みだ。発売は10月中旬。

 α65は、撮像素子とファインダー、動画撮影機能がα77と同等。連写速度は毎秒10コマ、AFセンサーは15点でうち3点がクロスセンサーになる。また、3型液晶モニターは上下方向にのみチルトするタイプになる。サイズは幅132.1×奥行き80.7×高さ97.5mm。重さは本体のみで543g、電池とメモリーカードを含めると622gとなる。実勢価格はボディのみで約9万5000円。「DT18-55mm F3.5-5.6」が付属するズームレンズキットは約10万円、さらに「DT55-200mm F4.5-5.6」が付属するダブルズームキットは約12万円の見込みだ。発売は10月中旬。

 NEX-7は、Eマウントのミラーレス一眼では最上位機になる。2430万画素の「Exmor APS HD CMOSセンサー」を搭載し、最高で毎秒10コマの連写撮影ができる。また、有機ELファインダー(XGA OLED Tru-Finder)を背面の左上に内蔵している。設定用のダイヤルを背面に1つ、上面に2つ搭載している。サイズは幅119.9×奥行き42.6×高さ66.9mm。重さは本体のみで291g。実勢価格はボディのみで約13万円。「E 18-55mm F3.5-5.6OSS」が付属するレンズキットは約14万5000円。発売は11月11日の予定。

 NEX-5Nは、NEX-5の後継モデル。1610万画素「Exmor APS HD CMOSセンサー」を搭載している。最高で毎秒10コマの連写撮影ができる。背面の液晶はタッチパネル式。外付けフラッシュは付属するが、電子ビューファインダーは別売りになる。連写速度はNEX-7と同等。サイズは幅110.8×奥行き58.8×高さ38.2mm。重さは210g。本体色はシルバー、ブラック、ホワイトの3色。実勢価格はボディのみで約7万円。「E 18-55mm F3.5-5.6 OSS」が付属するズームレンズキットは約8万5000円。さらに「E16mm F2.8」が付属するダブルレンズキットは約9万5000円。ズームレンズキットに「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」が付属するダブルズームレンズキットは約11万円になる。発売は9月9日。

 このほか、NEXシリーズで、Aマウント用のレンズを使用できるマウントアダプター「LA-EA2」も発売する。希望小売価格は3万9900円。