PR

 バッファローは、ウイルスチェック機能を搭載した法人向けのNAS製品「TeraStation Pro(テラステーション プロ)」の新機種を2011年10月上旬から順次発売する。8ドライブ(容量16TB)、6ドライブ(12TB)、4ドライブ(8TB)、2ドライブ(4TB)の4製品をラインアップした。

 ウイルスチェック機能にトレンドマイクロの「Trend Micro NAS Security」を採用。パソコンから感染ファイルが転送されてくると、自動的にファイルの隔離・ウイルス駆除を行う。データ保存時のリアルタイムスキャンのほか、スケジュールスキャン、手動スキャン実行が可能。パターンファイルのアップデートは、初回アクティベーションから5年間有効。

 ハードウエアは、デュアルコアのインテルAtom D510プロセッサーと2GBのメモリーを搭載。従来製品比で、転送速度(シーケンシャルライト)を約2.2倍に高速化した。また、RAID6構成時のシーケンシャルリードも65.54MB/sを達成した。

 希望小売価格は、8ドライブの「TS-8VH16L/R6VC5」が40万9500円。6ドライブの「TS-6VH12L/R6VC5」が34万6500円。4ドライブの「TS-QVH8.0L/R6VC5」が22万5750円。2ドライブの「TS-WVH4.0L/R1VC5」が18万9000円。4~8ドライブの3製品はRAID6/5/10/1/0、2ドライブ1製品はRAID1/0に対応する。