PR

 米アップルが2011年10月4日にスペシャルイベントを開催することが明らかになった。同社から各メディアに送られた招待状には、iPhoneアプリの「カレンダー」「時計」「マップ」「電話」の4つのアイコンが並んでおり、それぞれが、イベントの開催日である「10月4日」、開始時刻の「午前10時」、発表会場である「アップル本社」を示している。4番目の電話アイコンにある着信通知の「1」が何を意味しているのかは不明だが、「Let's talk iPhone.」の文面が添えられていることからも、iPhoneに関する発表であることは明らか。

 ここ数年、iPhoneの新機種に関しては、例年6月に開催される同社主催のWWDC(世界開発者会議)で発表されていたが、今年のWWDCでは、Mac用の新OS「OS X Lion」と、iPhone/iPad/iPod touchで使われるiOSの最新版「iOS 5」、そして従来のMobileMeに代わる新世代のクラウドサービス「iCloud」のみが発表されていた。

 今回発表される新型iPhoneについては、ディスプレイサイズが拡大し、外観デザイン、機能とも一新された新世代機種の「iPhone 5」が登場するという説と、現行のiPhone 4をベースにパフォーマンス等を改善したマイナーアップデート版の「iPhone 4S(もしくはiPhone 4s)」にとどまるという噂が混在している(新世代のiPhone 5とiPhone 4Sもしくは4sが併売されるという説もある)。ただ、招待状に記された電話アイコンの「1」は、発表製品が1機種であることを意味しているようにも取れる。

 これまでに流れている、新型iPhoneのスペックでほぼ確実と思われるのは、iPad 2でも用いられているデュアルコア動作のA5チップ搭載、GSM/CDMAのデュアルモード対応など。新たに音声認識機能を搭載しているとの報道もある。また日本のユーザーには、先日来報道されている、ソフトバンクに続くKDDIの参入が明らかになるかが気になるところだ。

 いずれにしても、詳細はあと1週間で明らかになる。新型iPhone以外にも、iOS 5とiCloudのリリースが発表されるのはほぼ間違いないだろう。例年9月に新製品が発表されているiPodシリーズについても、何らかのアナウンスがなされる公算が高い。