PR

 米アマゾンは2011年9月28日(米国時間)、電子書籍リーダー「Kindle」シリーズの新製品4モデルを発表した。目玉は、7型のカラーIPS液晶を搭載し、米グーグルの携帯端末プラットフォームAndroidを採用した「Kindle Fire」。米国での直販価格は199ドル。米アップルのiPad 2(Wi-Fiの16GBが直販価格で499ドル)と比べて大幅に安く、iPad対抗の本命になると見られている。このほか、6型の電子ペーパーを搭載した新型「Kindle」(79ドル)、タッチパネルの機能を加えた「Kindle Touch」(99ドル)、3G(第3世代携帯電話)の通信機能を加えた「Kindle Touch 3G」(149ドル)も投入する。

 Kindle Fireは電子書籍のほか、動画配信サービス「Amazon Instant Video」、音楽配信サービス「Amazon MP3」などのコンテンツを利用することを想定したタブレット端末。Androidのアプリケーションを実行することも可能。Webページの処理を同社のクラウドサービス「Amazon EC2」に肩代わりさせることで表示を高速化するWebブラウザー「Amazon Silk」を搭載する。ディスプレイは7型のIPS液晶で、解像度は1024×600ドット。内蔵ストレージの容量は8GB。IEEE 802.11b/g/nの無線LAN機能を備える。本体サイズは幅120×高さ190×厚さ11.4mmで重量は413g。

 79ドルの新型Kindleは幅114×高さ166×厚さ8.7mmで重量は170g。同サイズの6型電子ペーパーを搭載した従来機種と比べて30%軽量化したほか、ページの切り替え時間を10%高速化した。IEEE 802.11b/g/nの無線LAN機能を備える。

 99ドルのKindle Touchは、画面の端をタッチすることでページを切り替えられるようにした。文字をタッチすると辞書やWikipediaなどで言葉の意味などを調べられる「X-Ray」機能も加えた。IEEE 802.11b/g/nの無線LAN機能を備える。本体サイズは幅120×高さ172×厚さ10.1mmで重量は213g。

 149ドルのKindle Touch 3Gは、基本的な機能がKindle Touchと同じで、3Gの通信機能を追加したモデル。通信料金は、米国内においては米アマゾンが負担するのでユーザーの負担は無料となる。

 いずれの機種も米国サイトで予約販売を開始している。出荷は10月末から11月となる。