PR

 KDDIは、千葉市の幕張メッセで開催されているIT・エレクトロニクス関連の展示会「CEATEC JAPAN 2011」において、スマートフォンのガラス面をタッチ操作したときに、あたかもボタンを押しているかのような触覚的な反応を指に与える技術「新感覚スマートフォン」を実演展示している。

 同技術は、スマートフォンに内蔵した押圧センサーとバイブレーターから成る。ユーザーがガラス面を押すと、押圧センサーがその強さなどを検出し、バイブレーターが振動することでレスポンスをユーザーの指に伝える。同技術では、従来型携帯電話のボタンをユーザーが押したときに指に感じる振動をあらかじめ採取してある。これと同じ周波数と振幅でバイブレーターを振動させることで、単なるガラス面であっても、あたかも従来型携帯電話のボタンを押したかのような感覚をユーザーに与えられるとする。また、押圧の強弱に応じてバイブレーターの振動の強弱を変化させることで、ガラス面を強く押したときは、あたかもボタンを深く押し込んだかのように強い反応が得られるとする。

 スマートフォンにおいて、ガラス面をタッチしたときにバイブレーターが振動する機構を組み込んだ製品は既に多数あるが、単純な振動ではなく物理的なボタンの押し込みを再現したレスポンスとした点で独自性があり、スマートフォンのタッチ操作を従来型携帯電話に近づけられる技術であるとしている。

 実演展示では同技術の応用例して、(1)メール作成画面で、タッチパネル上のソフトウエアキーボードを押す、(2)Webブラウザー画面で、ガラス面を軽くなぞりながらハイパーリンクを指で選択し、強く押し込むことでそのハイパーリンクを選択する、(3)ゲーム画面で、敵の動きに合わせてガラス面を強く押したり弱く押したりして敵を倒す――などを、デモプログラムで来場者が体感できるようにしている。

 同技術を実装したスマートフォンの製品化については、「2012年度中に製品化することを目指している」(KDDIの説明員)としている。