PR

 UQコミュニケーションズは2011年11月14日、モバイルWiMAX方式の無線通信サービス「UQ WiMAX」において、同年12月をめどに上りの最大通信速度を10Mbpsから15.4Mbpsに高速化すると発表した。今回の発表では対応機種の詳細について明らかにしていないが、既存のUQ WiMAX対応機器の一部は上り最大15.4Mbpsでの通信が可能になる見込みとする。

 今回の高速化は、変調方式の見直しにより実現している。従来は電波状態の良しあしに応じてQPSKと16QAMのいずれかを使用してデータを変復調し送受信していたが、12月からは64QAMも導入する。これにより、電波状態の良い場所では従来よりも高速な通信が可能になる。

 既存製品のうちどの端末が上り15.4Mbpsに対応するかは、現在検証中。同社広報によると、「UQ WiMAXのサービス開始当初に発売されたUSBドングルなどは対応が難しいとみられるものの、比較的発売時期の新しいモバイルルーターなどは、上り最大15.4Mbpsに対応できる可能性が高い」としている。同社では検証が済み次第、対応機種を同社Webサイトで順次公表する予定。