PR

 Intelは2011年11月14日、高性能PC向けの新型CPU、Core i7-3000シリーズと専用チップセット「Intel X79」を発表した。Core i7-3000シリーズは「Sandy Bridge-E」の開発コード名で呼ばれていた製品で、現行のCore i7-900シリーズの後継製品。パッケージはCore i7-900シリーズのLGA1366から、新型のLGA2011になった。利用にはIntel X79を搭載した新型マザーボードが必要になる。

Core i7-3000シリーズ。新型のLGA2011ソケットに取り付ける。
Core i7-3000シリーズ。新型のLGA2011ソケットに取り付ける。
[画像のクリックで拡大表示]

左がLGA2011のCore i7-3000シリーズ、右がLGA1366のCore i7-900シリーズ。IntelのデスクトップPC向けCPUとしてはLGA2011版が最も大きい。
左がLGA2011のCore i7-3000シリーズ、右がLGA1366のCore i7-900シリーズ。IntelのデスクトップPC向けCPUとしてはLGA2011版が最も大きい。
[画像のクリックで拡大表示]

 Core i7-3000シリーズのCPUコアは、現行のCore i7-2000シリーズと同じ。製造プロセスもCore i7-2000シリーズと同じ32nmだ。Core i7-2000シリーズが4コアを内蔵するのに対し、3000シリーズは最大6コアを内蔵。Hyper-Threadingにより、12スレッドを同時に実行できる。6コア/12スレッドは、これまでの最上位モデルであるCore i7-990X Extreme Editionと同じだ。

 3000シリーズの特徴の一つは、メモリーの4チャンネルアクセスに対応している点。全てのモデルでDDR3-1600まで利用できる。2000シリーズはDDR3-1333の2チャンネル、900シリーズはDDR3-1066の3チャンネルだった。2000シリーズとは異なり、グラフィックスの描画機能は内蔵していない。グラフィックスのインターフェースとしてCore i7-3000シリーズは、PCI Expressを計40レーン備える。x16を2系統とx8を1系統、x16を1系統とx8を3系統などの使い分けが可能。仕様上は2.0から転送速度を倍にしたPCI Express 3.0に対応している。ただし、PCI Express 3.0に対応したグラフィックスボードはまだ販売されていない。

マイクロアーキテクチャーと製造プロセスを交互に更新するという、Intelの「チクタク戦略」の図。Sandy Bridge-Eは、マイクロアーキテクチャーを見直したSandy Bridge世代の派生モデル。2012年のIvy Bridgeで製造プロセスを更新する。図はIntelの資料から抜粋した(以下同じ)。
マイクロアーキテクチャーと製造プロセスを交互に更新するという、Intelの「チクタク戦略」の図。Sandy Bridge-Eは、マイクロアーキテクチャーを見直したSandy Bridge世代の派生モデル。2012年のIvy Bridgeで製造プロセスを更新する。図はIntelの資料から抜粋した(以下同じ)。
[画像のクリックで拡大表示]

Sandy Bridge-Eの内部構造。コアは最大6個。共有の3次キャッシュを備える。メモリーコントローラーは、4チャンネルアクセスに対応している。
Sandy Bridge-Eの内部構造。コアは最大6個。共有の3次キャッシュを備える。メモリーコントローラーは、4チャンネルアクセスに対応している。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回Intelが発表したCPUは3モデル。最上位はCore i7-3960X Extreme Edition。動作周波数は3.3GHzで、Turbo Boostにより最大3.9GHzで動作する。6コア内蔵しており、12スレッドを同時に実行可能。共有キャッシュ容量は15MBだ。Core i7-3930Kはその下位モデル。通常時3.2GHz、ターボ時最大3.8GHzの6コアモデルだ。共有キャッシュは12MBとやや少ない。この2モデルは、Turbo Boost時の倍率を自由に変えられる、オーバークロックに向いた製品だ。

 最下位モデルはCore i7-3820。4コア/8スレッドの製品でキャッシュ容量は10MB。その分、動作周波数が通常時3.6GHzと高い。ターボ時は3.9GHzで動作する。3モデルともTDP(熱設計電力、実使用上の最大消費電力)は130W。実勢価格はCore i7-3960Xが9万円、Core i7-3930Kが5万円。Core i7-3820は2012年第1四半期に出荷予定で、Intelも卸価格を公開していない。

上の3製品がLGA2011のCore i7-3000シリーズ。コア数と動作周波数、キャッシュ容量で差が付いている。下は仕様の比較のために掲載されているCore i7-2000シリーズだ。
上の3製品がLGA2011のCore i7-3000シリーズ。コア数と動作周波数、キャッシュ容量で差が付いている。下は仕様の比較のために掲載されているCore i7-2000シリーズだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 Core i7-3000シリーズと組み合わせるチップセットは、同時に登場したIntel X79だ。LGA1366のCore i7-900シリーズは、チップセットと「QPI(QuickPath Interconnect)」で接続していたが、3000シリーズは2000シリーズと同じ「DMI(Direct Media Interface)」になった。チップも900シリーズはIntel X58とICH10Rの2チップ構成だったのが、X79は1チップになっている。

 インターフェースは2000シリーズ用のIntel 6シリーズとあまり変わらない。Serial ATAは6Gbps対応ポートが2個、3Gbps対応ポートが4個。PCI Express 2.0は8レーン分備えている。USBは2.0対応が14ポートで、USB 3.0のコントローラーは内蔵していない。

Intel X79のブロックダイアグラム。CPUのPCI Expressが「2.0」になっているが、実際は3.0に対応している。
Intel X79のブロックダイアグラム。CPUのPCI Expressが「2.0」になっているが、実際は3.0に対応している。
[画像のクリックで拡大表示]

 Core i7-3000シリーズにはCPUクーラーが付属しない。そのため、Intelは空冷式と水冷式のCPUクーラーをオプションとして販売する。水冷式は「RTS2011LC」。実勢価格は9000円前後。空冷式は「RTS2011AC」。実勢価格は約1900円だ。

LGA2011用の空冷式CPUクーラー。従来のプッシュピンからねじ留め式に変わった。
LGA2011用の空冷式CPUクーラー。従来のプッシュピンからねじ留め式に変わった。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

水冷式CPUクーラーの「RTS2011LC」。ラジエーターに12cm角ファンを取り付けて使う。LGA1366/1155/1156でも使える。
水冷式CPUクーラーの「RTS2011LC」。ラジエーターに12cm角ファンを取り付けて使う。LGA1366/1155/1156でも使える。
[画像のクリックで拡大表示]

IntelのX79搭載マザーボード「DX79SI」。
IntelのX79搭載マザーボード「DX79SI」。
[画像のクリックで拡大表示]