PR

 アイ・オー・データ機器は2011年11月16日、OSにWindows Home Server 2011を搭載したNAS「HDL-Z2WH」を発表した。SOHOや個人ユーザー向けの製品だ。容量は2TBで、価格は8万3790円。発売は12月上旬。

 同社は、同じきょう体でOSにWindows Storage Server 2008 R2を採用した「HDL-Z2WS」を販売している。このOSを入れ替えることで、価格を約3万円下げている。利用可能な最大ユーザー数は、HDL-Z2WSは50ユーザーであったが、今回のHDL-Z2WHでは10ユーザーとなっている。

 同製品をファイルサーバーとして運用し、オフィスや自宅内のLANに接続したパソコンやスマートフォンから同製品にアクセスできるほか、外出先からSSLを使って接続することも可能。

 また、DLNAサーバー機能を備えており、同製品内に保存してある写真や音楽、動画などを、パソコンやDLNA対応のデジタル家電、スマートフォン、タブレット端末などで視聴できる。事前に設定しておけば、動画の形式やビットレートをリアルタイムに変換することも可能。通信環境の悪い外出先や、画面の小さいスマートフォンで動画を視聴する際に役立つ。なお、DTCP-IPには非対応のため、コンテンツ保護の掛かった映像などは再生できない。

 Windows Home Server 2011に対応したウイルス対策ソフト「ESET NOD32 アンチウイルス」、仮想ドライブ構築・運用ソフト「VVAULT 2.0 Basic」、同製品のファン回転数や温度といったハードウエアの状態を監視・設定する管理ツール「ZWH Manager」をプリインストール。イメージバックアップソフト「ActiveImage Protector 3.0」を添付する。

 同製品はHDDを最大2台内蔵可能。今回発表したモデルは、容量2TBのHDDを1台内蔵している。もう1つのベイは空いており、ユーザーが自分で増設できる。LAN、USB 2.0×5、eSATA×2の端子を備える。既存製品のHDL-Z2WSはアナログRGBの端子も備え、LAN端子も2個あったが、今回のHDL-Z2WHはOSの制約によりアナログRGBは使用不可となっており、LAN端子も1個のみとなっている。

 CPUはAtom D510(1.66GHz)、メモリーは2GB。LANは1000BASE-T対応。本体サイズは幅102×奥行き216×高さ150mm。重さは未定。

 このほか同社は、家庭やSOHOに向けた低価格NASの新モデル「HDL-A」を発表した。9月に発表した2ドライブ構成の「HDL2-A」の下位モデルという位置付け。1ドライブ構成にしたことと、それに伴いRAID関連の機能を省いたほかは、HDL2-Aとほぼ同等の仕様としている。データ転送速度は、容量2TBのモデルで90MB/秒、1TBのモデルで78MB/秒。従来モデル「HDL-S」は25MB/秒だった。価格は、2TBモデルが3万2130円、1TBモデルが2万6565円。