PR

 パナソニックは2011年11月24日、同社が2011年10月にデジタルテレビ「ビエラ」向けに提供を開始したクラウド型インターネットサービス「ビエラ・コネクト」の一部サービスを、同社のブルーレイディスクレコーダー「DIGA」などにも同日から提供を開始したと発表した。クラブパナソニックやSkype(DMR-BWT510除く)、Twitter、Picasaウェブアルバム、YouTube、Facebook、おうちごはん、Ustream、radiko.jp、各種ゲーム、TSUTAYA TV、MLB.TV、Hulu、アクトビラの各種アプリが利用できる。

 今回ビエラ・コネクトに対応するのは、2011年秋発売のDMR-BZT9000/BZT910/BZT810/BZT710/BWT510である。ソフトウエアアップデートで対応する。2011年春発売のDMR-BZT900/BZT800/BZT700/BZT600/BWT500およびDMP-BDT110も、2012年3月までにビエラ・コネクトに対応予定である。

[発表資料へ]