PR

 NTTドコモの関連会社で、スマートフォン向けの「V-Highマルチメディア放送」(モバキャス)の事業者であるmmbiは2011年11月29日、2012年4月に開局予定の放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」に関する説明会を開催。「リアルタイム型放送」と「蓄積型放送」の2種類のサービスを、月額420円で提供することを明らかにした。V-Highマルチメディア放送の受信機能を内蔵したスマートフォンやタブレット端末は、NTTドコモが発売する。

 マルチメディア放送とは、地上アナログ放送の終了によって空いた電波を利用する携帯端末向けの放送サービス。旧1~3チャンネルの電波を利用する地方ブロック向け放送の「V-Low」と、旧10~12チャンネルの電波の一部を利用する全国向け放送の「V-High」の2種類がある。mmbiが2012年4月に開局するNOTTVは、全国向けのV-Highマルチメディア放送。2012年4月の開局時には、関東の1都6県と愛知、三重、大阪、京都、奈良、兵庫、福岡、沖縄の8府県で受信できる(世帯カバー率で約60%)。1年後の2013年3月末までに29都道府県(世帯カバー率で約76%)まで広げ、3年後には世帯カバー率で90%を目指す。

 放送を受信するには、受信機能を内蔵したスマートフォンやタブレット端末が必要。NTTドコモが、サービス開始に合わせてスマートフォンとタブレット端末を1機種ずつ発売する。さらに、2012年度上期(5月~9月)には、スマートフォン3機種とタブレット端末2機種を追加する計画。NTTドコモの山田隆持社長は「2012年の後半には、全体の半分から3分の2がNOTTV対応となるようにしたい」と意気込む。

 NOTTVの放送には、通常のテレビ放送に近い「リアルタイム放送」が3チャンネルと、端末に動画や静止画などの番組データをダウンロードし、ユーザーが後から再生して楽しむ「蓄積型放送」の2種類がある。リアルタイム放送は720×480ドットで毎秒30フレームと、ワンセグ放送よりも高画質。同社は3つのチャンネルを使い分け、1チャンネルはオリジナルの無料番組、2チャンネルは別料金となるプレミアムチャンネルと1チャンネル番組の再放送、3チャンネルはニュース専門チャンネルとする予定だ。視聴者が入力したデータをNOTTV側に送信する、双方向通信機能も備え、これを利用した視聴者参加型のクイズ番組なども検討している。