PR


 ソフトバンクBBは2011年12月20日、iPhone/iPad/iPod touchで地上デジタルやBS/CSデジタル放送が視聴可能になる「SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー」を発表した。同日より予約を受け付け、12月22日より発売を開始する予定だ。価格はオープンで、オンラインストアでの実売価格は1万5800円。

 SoftBank SELECTIONデジタルTVチューナーは、地上/BS/CSデジタルの3波を受信し、映像を無線LANで転送する。高画質なフルセグのデジタル放送をiPhoneなどで再生できる形式に変換し、パソコンを介さずにテレビ番組を視聴できる。この手の製品では過去に、地上デジタル放送が視聴できる機種が存在したが、BS/CSデジタル放送が視聴できる機種は初めて。

 映像の表示解像度は、iPadの横画面16:9モード時が1024×576ドット、横画面フル表示時が1024×768ドットで、画質は無線LANの状態によって変動する。縦画面で視聴する場合は、画面の下半分にWebブラウザーを表示する「ながら見モード」が使える。このときの表示解像度は768×432ドット。iPhoneでは横画面16:9モード時が960×540ドット、横画面フル表示時が853×640ドット(4:3表示なので左右が欠ける)、ながら見モード時が640×360ドットとなる。

 iPadの場合、端末が3G回線に対応していればそのまま「ながら見モード」のWebブラウザーが利用可能。3G回線非対応モデルは、チューナーにLANケーブルを接続し、無線LANアクセスポイントとして動作させることでインターネットにアクセス可能となる。なお、3G回線でチューナーにアクセスすることはできない。

 視聴には無料の専用アプリケーション「デジタルTV(StationTV i)」が必要。字幕放送や音声多重放送にも対応しており、App Storeからダウンロードする。

 対応機器はiOS 4.3.5以上を搭載したiPad/iPad 2、iPhone 4/4S、第4世代のiPod touch。なお、au版のiPhone 4Sに関しては動作を保証しない。サイズは幅150×奥行き150×高さ35mmで、重さは約300g。