PR

Image: David Cheung/Wired

Wired.comは12月7日(米国時間)、カリフォルニア州レッドウッドシティーにある任天堂のオフィスにおいて、同社ゲームデザイン部門のトップである宮本茂氏に話を聞く機会を得た。

インタヴューの内容は、携帯ゲーム機『ニンテンドー 3DS』のファンを増やすための任天堂の戦略、『マリオカート7』を制作した、京都の開発チームとテキサス州のチームの素晴らしいコラボレーション、そして日米の共同開発にマッチすると考えているもうひとつの大ヒットシリーズについてなどだった。

ところが、このインタヴューの予告記事を掲載したところ、宮本氏が終盤に行った「引退」という発言が騒ぎを引き起こした(日本語版記事)。

任天堂の米国法人は、宮本氏が同社を離れるという意味ではないということを強調する声明を出した。「宮本氏は、スタッフのモチベーションを上げるために、ジョークも交えて、引退という表現を行っただけだ」と同社は説明した。「彼が小さなプロジェクトに集中できるというのは、彼が任天堂の開発チーム全体を信頼していることの表れだ。(中略)宮本氏は引き続き開発チームを監督し、状況が許せばプロジェクトに深く関わり、任天堂のプロジェクトの質を高いレベルに保っていく。しかし彼は同時に、より小規模なデザイン・グループで、彼独自の革新的なプロジェクトを探求できるようになるだろう」