PR

 米Microsoftは現地時間2012年1月3日、同社Webブラウザーの旧版「Internet Explorer 6(IE6)」の米国における終焉を発表した。米Net Applicationsの調査結果によると、昨年末にIE6の米国でのシェアが1%を切ったという。Microsoftは「より多くの開発者やIT専門家は時代遅れのブラウザーへのサポートに時間を費やさずにすむ」としてこの状況を歓迎している。

 Microsoftは品質の低いIE6からより近代的なブラウザー「Internet Explorer 8(IE8)」「Internet Explorer 9(IE9)」への移行促進を図っており、2011年3月にはIE6のカウントダウンサイトを立ち上げた。これまでにオーストリア、ポーランド、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェーでIE6のシェアが1%を下回っている。また米国のほかにもチェコ、メキシコ、ウクライナ、ポルトガル、フィリピンでシェアが1%を切った。

 カウントダウンサイトでは、Net Applicationsのデータに基づいたIE6のシェア分布図を掲載している。2011年12月31日時点の各国のIE6シェアを見ると、中国が25.2%と最も使用率が高い。次いで韓国の7.2%、日本の5.9%、ベトナムの5.5%、インドの5.4%と続いている。全世界におけるIE6のシェアは7.7%で、1年前と比べ6.0ポイント低下した。

[発表資料へ]