PR

 NTTドコモは2012年1月10日、2012年の春商戦向けスマートフォンの新機種として、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Xperia」2製品を発表した。2012年2~3月に発売する。価格は、NTTドコモによる実質負担金の割引制度「月々サポート」適用後で3万~4万円を見込む。

 今回発表したのは、「Xperia NX SO-02D」(2月発売)と「Xperia acro HD SO-03D」(3月発売)の2機種。ソニー・エリクソンは米国時間1月9日(日本時間1月10日)に、米国で開催された「2012 International CES」に合わせてXperiaの新機種4製品を発表しており、今回ドコモが日本で発表した2製品は、ソニー・エリクソンがCESで発表した4製品の一部である。

グローバル機「NX」、日本市場向け「acro HD」

 Xperia NXは、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信などの日本市場向け機能を搭載しないグローバル市場向けモデル。正面下部に配置した横長の透明パネル「Floating Prism」が外観上の特徴だ。パネルの奥に白色LEDがあり、パネルが浮かび上がるように光るという。ボタン類は右側面に集約し、金属素材を採用してデザイン上のアクセントとしている。内蔵するフラッシュメモリーの容量は32GB。なお、microSDHCメモリーカードのスロットは内蔵しておらず、標準添付の外付けアダプターをMicro-USB端子に接続して読み書きする。SIMカードは小型のmicroSIMを採用。本体サイズは幅64×高さ128×厚さ10.6mm、重さは144gで、色は白と黒を用意する。

 Xperia acro HDは、現行モデル「Xperia acro SO-02C」の後継となる日本市場向け製品。現行モデルのXperia acroと同様に、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信などの機能を備えているほか、Xperiaシリーズとしては初めて防水機構とした。内蔵するフラッシュメモリーの容量は16GB。microSDHCメモリーカードのスロットも備えている。SIMカードは、同日の報道関係者向け説明会で展示された試作機では標準サイズのものであったが、「トレイの形状を変更するだけでmicroSIM用に仕様変更できる設計となっている。トレイの準備が間に合えばmicroSIM用に変更する可能性もあり、現段階では未定」(NTTドコモの説明員)としている。本体サイズは幅66×高さ126×厚さ11.9mm、重さは149gで、色は白、黒、青、ピンク。

 2機種共通の仕様として、CPUは米クアルコム製のMSM8260(1.5GHz、デュアルコア)、メインメモリーは1GB、液晶ディスプレイは4.3型(720×1280ドット)。カメラモジュールは、背面のメインカメラが有効1210万画素の裏面照射型CMOSセンサー、正面のサブカメラが有効130万画素のCMOSセンサー。OSはAndroid 2.3だが、Android 4.0へのアップデートについて「ユーザーの要望も強いと思うので対応していきたい。確定したらアナウンスする」(NTTドコモ プロダクト部 プロダクト企画担当部長の石川貴浩氏)としている。

 なお、今回の2機種はいずれもバッテリーパックが本体内部に埋め込まれている構造で、ユーザーが取り外して交換することができない。これについては、「当社が扱うスマートフォンでは初めてのケース。電池の交換サービスなどの仕組みを整えていきたい」(石川部長)としている。

「従来のXperiaと同等の販売台数を期待」

 報道関係者向けの説明会で石川部長は、「Xperiaは累計200万台を超える機種で、スマートフォン人気を牽引してきた。初代Xperia以降、これまでに5機種を発売しており、Xperiaといえばドコモという認知も得られたと自負している。今回ソニーがCESで新機種を発表したのに合わせ、ドコモもいち早く発表する。具体的な目標数は設定していないが、従来のXperiaの販売台数は非常に多い。同等くらいの台数を取ってほしいと期待している」とコメント。Xperiaがドコモのスマートフォンの主力機種であるという立場を明確にするとともに、今後もNTTドコモとソニー・エリクソンで緊密な連携を図っていく姿勢を示した。

 ソニーはCESにおいて、米AT&T向けにLTE方式のスマートフォン「Xperia ion」を発売することを明らかにしている。LTE対応Xperiaの日本市場における発売予定については「今回Xperiaのグローバルモデルの発表があった。それに合わせて、まず3Gモデルを出す。LTE対応のスマートフォンは、2011年の年末商戦向けモデルから展開を始めている。これらの機種も好調なので、(LTE対応Xperiaも)是非考えていきたい」(石川部長)とした。

 新機種の発売に伴うXperia acroなど従来機種の終息計画については、「少し前の機種であっても安い方が良い、というユーザーもいると考えている。様子を見ながら対応していく」(石川部長)と語り、直ちに終息するわけでなく、当面は新旧機種を併売していくことを示唆した。石川部長は「一般に、発売時期が前の機種においては、販売店が在庫リスクを少なくするために安く販売しているだろうと思う。古いacroも販売店がそういう販売方法を採る可能性がある」とも語り、春商戦では最新モデルのXperia NX/Xperia acro HDと、実勢価格が下がった従来機種のXperia acroの両方が店頭に並ぶとの見方を示した。