PR

『iPad』の寄付を募って、オランウータンの生活を豊かにするために再利用するというプロジェクト『Apps for Apes』の対象として、トロント動物園が新たな候補に挙がっている。

オランウータンはDNAの97%が人間と共通であり、人間同様にテクノロジーが好きなようだ。iPadを与えられると、無料のお絵かきアプリやドラム・アプリで遊んだり、ほかのオランウータンのビデオを見たりする。

Apps for Apesでは、すでにフロリダやアトランタ、ミルウォーキーなどにいるオランウータンたちが使えるようにiPadを支給しており、それぞれ有効に利用されている(ビデオ参照)。人間の7倍近い力があり、枝やロープからぶら下がったり、6mの高さまで登ったりするのが好きなオランウータンにiPadを直接渡そうとする者はいない(米軍規格に準拠したケースでも保護は不十分だと思われる)けれども、彼らは檻の格子から手を伸ばして装置を使わせてもらっている。