PR

 NECは2012年3月13日、住友生命保険の営業職員が利用する新しい携帯端末として、4万台のWindows 7搭載タブレット端末を納入すると発表した。住友生命では、2012年7月から全国約3万人の営業職員が同端末の利用を始める。

 今回のタブレット端末は、NECが住友生命向け専用端末として提供する。住友生命では、従来から利用しているWindows向けアプリケーションなど既存資産の有効活用が可能な点などに着目し、Windows 7を搭載したタブレット端末の採用に至ったという。

 新端末は、OSとしてはWindows 7 Professional、CPUにCeleron 857(1.2GHz)を搭載し、メモリーは2GB。個人情報漏洩対策の観点からハードディスクは搭載せず、必要な情報はそのつどモバイル通信を介して画面に表示させ、端末内にデータを保存しない仕組みにする。通信機能として、無線LANのほか、NTTドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」のモジュールを内蔵。画面は12.1型で、重さは約945g。バッテリー駆動時間は8時間という。

 住友生命では、従来から専用のモバイルノートパソコンを営業職員が利用していたが、今後は見やすい画面を備えた新端末を導入するとともに、動画や音声による説明資料を充実させる。これにより、コンサルティングをより充実させ、保険の加入や見直しを検討している顧客に対するサービス向上を目指す。

 保険業界では、営業職員向けのタブレット端末導入が相次いでいる。第一生命保険は2010年11月、約4万人の営業職員向けにWindows 7を搭載したタブレット端末の導入を決定。富士通が第一生命オリジナルのタブレット端末を納入し、2012年8月から順次導入する予定だ。また、三井住友海上火災保険も2011年11月、Windows 7を搭載したタブレット端末で自動車保険と火災保険の契約手続きを完結できる新システムを運用開始。同社の代理店約1万店の募集人3万人に対して、タブレット端末の利用を勧めている。