PR
写真1●COMPUTEX TAIPEI 2012のSamsungブース
写真1●COMPUTEX TAIPEI 2012のSamsungブース
[画像をクリックすると拡大表示]

 2012年6月5日~9日に台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2012には、韓国Samsungもブースを出展した(写真1)。ASUSやAcerといった地元台湾メーカーが次々と新製品を発表する中、Samsungも最新のUltrabookを中心にさまざまな新製品を展示し、ブースは多数の来場者で賑わった。

 なお、SamsungといえばGalaxyシリーズをはじめとするスマートフォンやタブレットで有名だが、今回のブースはPCを中心とした展示となっていた。

キーボードが分離する「Series 5 Hybrid」と「Series 7 Hybrid」

 Samsungブースで最も目立っていたのが、透明なケースに入れられた「Series 5 Hybrid」と「Series 7 Hybrid」の参考出品だ(写真2写真3)。これらはディスプレイとキーボードが分離するというモデルである。

 いずれもディスプレイサイズが11.6インチであるという点以外のスペックは不明。ブース担当者によれば、コードネームは“Jones”(Series 5 Hybrid)と“William”(Series 7 Hybrid)とのことだ。

 また、「Hybrid」の意味は通常のノートPCとタブレットの両方のスタイルで利用できることを指しているとのこと。いずれもPCとしての機能はタブレット部に格納されており、タブレットPCとして利用できる。キーボードとドッキングすることでノートPCスタイルとなり、キーボード側にあるUSBポートを利用できるようになる。

 両モデルの外観はよく似ているが、Series 7 Hybridのみ、タブレットの背面にエアフローと思われるスリットが多数確認できた。このことから、Series 7 Hybridがより高いパフォーマンスのCPUを搭載する可能性がある。

写真2●Samsungの「Series 5 Hybrid」<br>ヒンジ部分でタブレットと分離できそうだ。
写真2●Samsungの「Series 5 Hybrid」
ヒンジ部分でタブレットと分離できそうだ。
[画像をクリックすると拡大表示]
写真3●Samsungの「Series 7 Hybrid」<br>タブレット背面には多数のスリットを備える。
写真3●Samsungの「Series 7 Hybrid」
タブレット背面には多数のスリットを備える。
[画像をクリックすると拡大表示]