PR


 WWDC初日の2012年6月11日(日本時間の6月12日)、既存の「MacBook Pro」と「MacBook Air」製品ラインでもアップデートが実施され、販売が始まった。

 MacBook Proは、インテルの第3世代CPUである「Ivy Brigde(開発コード)」を新たに採用。動作速度などの基本性能が向上した。これに伴い、USB も従来の2.0に代わって3.0をサポートした。本体デザインは従来と変わらず、新世代の汎用高速インタフェース「Thunderbolt」やアップル製品で伝統的に実装しているFireWire 800なども引き続き搭載している。

 本アップデートから製品構成が13型、15型の2機種4モデルとなり、17型はラインアップされていない。13型の下位モデルは、CPUを2.4GHzデュアルコアCore i5プロセッサーから2.5GHzに強化。上位モデルは2.8GHzデュアルコアCore i7プロセッサーが2.9GHzとなった。15型モデルは、下位モデルがCPUを2.2GHzクアッドコアCore i7プロセッサーから2.3GHzに強化。上位モデルは、2.4GHzクアッドコアCore i7プロセッサーが2.6GHzとなった。いずれもグラフィックスはNVIDIA GeForce GT 650Mを採用しており、映像の処理速度などが向上している。

 価格は13型の下位モデルが10万2800円、上位モデルが12万8800円。15型の下位モデルは15万4800円、上位モデルが18万4800円。

 MacBook Airは従来同様、11型、13型の2機種4モデルからなる。こちらもIvy Bridge世代の最新CPUを採用したほか、USB 3.0に対応。MacBook Pro Retinaディスプレイモデルと同様に、マグネットで吸着する薄型の電源ポート「MagSafe 2」も備えた。

 11型では、CPUを1.6GHzデュアルコアCore i5プロセッサーから1.7GHzに強化した。価格は64GBのSSDを搭載したモデルが8万4800円、128GBのモデルが9万4800円。13インチの機種では、CPUを1.7GHzデュアルコアCore i5プロセッサーから1.8GHzに強化している。価格は128GBのSSDを搭載したモデルが10万2800円、256GBのモデルが12万8800円。