PR

 ヤフーは2012年7月2日、電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」に、専用アプリ不要でブラウザーから電子書籍を読めるビューワーを導入した。HTML5対応Webブラウザー上でコンテンツを閲覧する際、ビューワーが自動的に立ち上がる。

 Yahoo!ブックストアのリニューアルに合わせて導入した。電子書籍国際基準「EPUB3」に対応し、PCだけでなく、iPhone、iPad、Androidなどのブラウザーでも同様に利用できる。小説などテキストデータの縦書き表示に対応し、ストリーミングで閲覧できるので端末の容量も気にせずに済む。

 リニューアルでは、購入した電子書籍を整理できるクラウド書庫機能「私の本棚」も追加した。従来からのアプリケーションビューワーも引き続き利用可能。長時間のオフラインや、購入した電子書籍ファイルを保存する場合は、旧ビューワーを使える。

 Yahoo!ブックストアは、2011年11月に「Yahoo!コミック」から移行。コミック、小説、実用書、写真集、絵本、雑誌など約5万冊をそろえる。価格帯は単品販売が約300円から、月額セット販売が約500円から。