PR


 パイオニアは2012年7月25日、iPhone/iPad用のDockを備え「AirPlay」に対応したコンポ「X-HM81-S」を発表した。価格はオープンで、実売想定価格は6万円前後。8月上旬から販売を開始する。

 X-HM81-Sは、AirPlayやDLNAに対応したCDミニコンポ。本体上部にiPhone/iPod対応のDockを備えるほか、iPadとは前面のUSB端子で接続する。Ethernetと無線LANを内蔵し、ネットワーク内のiOSデバイスやiTunesの楽曲をワイヤレスで出力できる。DLNA 1.5に準拠し、パソコンやNAS、Android端末などに保存した音楽をネットワーク経由で再生可能だ。また、vTunerを使ったインターネットラジオも搭載する。

 同社独自のアンプ技術「Direct Power FET」を採用し、最大50W+50Wの高出力が可能。底面を2重構造にしたレイヤードシャーシにより安定性を高め、音質に悪影響を与える振動を低減している。無料アプリ「Pionner ControlApp」をダウンロードすればスマートフォンから操作できるほか、「Pioneer Air Jam」(無料)アプリからのオーディオ再生にも対応する。

 対応機種はiPhone 3GS/4/4S、第2世代以降のiPod touch。本体サイズはレシーバーが約幅215×高さ132×奥行き353mmで、重さは約5.5kg。スピーカーは約幅156×高さ266×奥行き258mmで、重さは約4.0kg。