PR

 Movaviは2012年7月26日、Microsoft PowerPointで作成したプレゼンテーションを動画に変換できるソフト「パワポを動画に変換!Power Point to Video 日本語版」を発売した。iPhoneやAndroid端末などPowerPointがインストールされていない環境やWebサイトでプレゼンテーションを共有できる。ダウンロード価格は、個人版が3980円、法人版が7980円。

 PowerPointの形式(PPT)のファイルを動画形式に変換し、さまざまなメディアプレーヤーで再生できるようにする。出力できる動画形式はAVI、MPEG-1、MPEG-2、MP4、FLV、MOV、WMV、MKV、3G2、M2TS、3GP、OGV、SWF、WEBM。

 iPhone/iPod/iPad、PSP、BlackBerryなどに対応した動画形式にも変換可能。また、YouTubeやFacebook、Yahoo!ビデオ、Vimeoなどにアップロードできる動画形式にも対応した。

 初期設定で、さまざまなデバイスや動画形式に合わせたプロファイルを用意。さらに、ビデオサイズやフレームレート、リサイズ方式、動画品質、オーディオのサンプルレート、オーディオチャンネルなどが変更可能。プロファイルにない端末や動画サイトにも対応する。音楽や音声も追加できる。

 対応OSはWindows 2000/XP/Vista/7。Microsoft PowerPoint 2003/2007/2010のいずれかが必須。また、MOVファイルの変換にはQuickTime Playerの最新版が必要。