PR

 NTT東日本は2012年8月9日、NTTル・パルクが運営するコインパーキングにおいて公衆無線LANサービスを提供すると発表した。8月17日に東京都の代官山、広尾、神奈川県の山下町、横浜西の4拠点で提供を開始する。その後順次、NTTル・パルクが展開する7都県すべての駐車場、約300拠点に提供範囲を拡大する。

 今回の駐車場での公衆無線LANサービスは、三つの目的で展開する。まず(1)有償の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」のエリア拡大である。次に(2)無償のインターネット接続や近隣店舗のクーポンなど独自コンテンツを配信する「フレッツ・ポータル」の展開。最後が(3)災害時に無償でインターネット接続を開放する緊急時の無線LANサービス提供である。

 (2)のフレッツ・ポータルは、セキュリティ設定無しで接続可能なSSID「0000FLETS-PORTAL」に接続し、ブラウザを立ち上げることで利用できる独自サービス(写真)である。フレッツ・ポータルエリアの近くで利用可能な店舗情報やクーポンを配信するほか、NTT東日本が提供するニュース動画などのコンテンツを利用できる。また会員登録することで、無償で1回10分間、1日2回までインターネットに接続できる。

[発表資料へ]