PR

 ウイルス対策ソフト大手のマカフィー(McAfee)は2012年8月22日、8月18日に配信されたウイルス定義ファイルのアップデートにより、一部顧客のパソコンに障害が発生していると発表した(画面)。詳しい解決方法を同社のWebサイトで告知している。

 対象製品は個人向け「マカフィーアンチウイルス」と法人向け「McAfee VirusScan Enterprise」で、影響は広範囲にわたる。問題を引き起こす可能性があるのは「定義ファイル6807」と「6808」で、これらのアップデートを適用すると、インターネット接続障害など重大な不具合が起きる可能性がある。不具合を解決するには、最新の「定義ファイル6809」にアップデートする必要がある。

 個人向け「マカフィーアンチウイルス」の場合、不具合がある状態のパソコンではインターネットに接続できない。このため、いったんパソコンからマカフィー製品をアンインストールしてから再起動し、マカフィーのWebサイトから製品をダウンロード・再インストールする必要がある。

 法人向け「McAfee VirusScan Enterprise」の場合も、最新の定義ファイル「DAT 6809」以上を確実にインストールする必要がある。

 マカフィーは発表資料において、「不具合が発生したお客様におかれましては、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。「影響を受けたお客様に対して情報を提供し、お客様のPCを復旧して正常な状態にすることを最優先に取り組んでおります」としている。

[マカフィーの発表資料]
[個人向け解決方法]
[法人向け解決方法]

■変更履歴
公開時は「他のパソコンやスマートフォンからインターネットに接続可能な場合は、再インストールせずに解決する方法もある」と記述していましたが誤りです。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2012/08/23 11:40]