PR

 ジャストシステムは2012年8月23日、Office互換の統合ソフト「JUST Offie」の新版を8月30日に発売すると発表した。販売は法人向けのみ。製品は2種類あり、「JUST Office[Corporate]」が1万8900円。「JUST Office[Standard]」が2万2050円。既存のユーザーには無償で提供する。

 製品の構成は以下の通り。「JUST Office[Corporate]」は表計算ソフトの「JUST Calc」やワープロソフト「JUST Note」、プレゼンテーションソフト「JUST Slide」、日本語入力ソフト「ATOK Pro for Windows」など6本のソフトをまとめた。上位版の「JUST Office[Standard]」はさらにPDFソフト「JUST PDF 2[作成・編集]」、日本語ワープロソフト「一太郎Pro」、総合グラフィックスソフト「花子2012」など5本のソフトが加わる。

 今回の機能強化ではJUST Calcに業務システムと連携するためのAPIを搭載した。これにより、これまでExcelのマクロ機能で連携させていた業務システムを、JUST Calcに対応したシステムに切り替えるための開発ができるようになる。

 JUST CalcとJUST Noteでは、Office文書を読み込んだ場合のレイアウトの再現精度を向上させた。ワードアートやオートシェイプへの対応を強化し、図形を多用した文書の読み込みや再編集を可能とした。

 このほか、JUST Calc、JUST Note、JUST Slideでは、マイクロソフトのOffice 2007の操作に慣れたユーザー向けにリボンインタフェースを用意した。ツールバーとリボンを切り替えて利用できるので、全社で一斉に導入した際などに個人ごとに使いやすい方法を選択できる。