PR

 パナソニックは2012年8月23日、マイクロフォーサーズ規格に準拠したミラーレス一眼カメラ「LUMIX DMC-G5」を9月13日から発売すると発表した。価格はオープン。ボディーのみ(実勢価格約8万円)のほか、「パワーズームレンズキット」(DMC-G5X、約10万5000円)、「ダブルズームレンズキット」(DMC-G5W、約11万円)も発売する。

 撮像素子を有効画素数1605万画素のLive MOSセンサーに、画像処理エンジンを「新開発ヴィーナスエンジン」にそれぞれ刷新。解像感を高め、ノイズを低減させた。最大連写速度は毎秒6コマ。また、毎秒60コマ(60p)のフルHD動画を撮影できるようになった。

 背面の3型液晶モニター(92万ドット)は角度を自由に変えられるバリアングル型でタッチ操作にも対応。また、視野率100%のライブビューファインダー(144万ドット)も利用可能だ。ファインダーをのぞいた時点で自動的にピントが合う「アイセンサーAF」機能を新たに追加。また、前モデルのDMC-G3よりグリップ部を握りやすくし、モードダイヤルを少し大きくするなど、操作性を高めた。

 本体サイズは幅119.9×高さ83.2×奥行き70.8mmで、重さは396g(バッテリー、メモリーカードを含む)。本体色はホワイト、シルバー、ブラックの3色。