PR

 ソニーは2012年9月4日、Android 4.0を搭載したタブレット端末の新モデル「Xperia Tablet S」シリーズを発表した。ブランド名を従来の「Sony Tablet」から同社製スマートフォンで使用している「Xperia」に変更。ユーザーインタフェースのデザインもスマートフォンと統一した。

 ラインアップは、内蔵するフラッシュメモリーの容量の違いで3モデルある。価格はいずれもオープンで、実勢価格は16GBモデルが約4万円、32GBモデルが約4万8000円、64GBモデルが約5万6000円。9月15日に販売を開始する。

 本体は防滴仕様のアルミ素材を採用。保護等級はIPX4相当で、台所などの水場の近くでも作業できる。最薄部は8.8mm、重さは570gと薄型軽量だ。従来モデルと同様、本体の片側部分を厚くする「偏重心デザイン」を取り入れており、片手で雑誌を持つような軽快な操作感を実現したという。

 液晶ディスプレイは1280×800ドット表示の9.4型を搭載。ガラスと液晶パネルの間に樹脂を挟む「オプティコントラストパネル」を採用し、映り込みを抑えた。CPUは米エヌビディアの「Tegra 3」。内蔵カメラには裏面照射型CMOSセンサーを採用し、背面が800万画素、前面が100万画素。通信機能はIEEE 802.11a/b/g/n規格の無線LANとBluetooth 3.0。バッテリー駆動時間は10時間。