PR

 全日本空輸(ANA)と日本ユニシスは2012年9月3日、大阪国際空港(伊丹空港)のANAラウンジで、デジタルコンテンツを無料提供するサービスを9月10日から開始すると発表した。ANAラウンジ内において、無線LAN経由で接続できるポータルサイトにアクセスすると、ニュースや雑誌、ANAの発行誌、金融情報、オリジナルのコンテンツなどを閲覧できる。ユーザーは手持ちのパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどを使ってアクセスする。

 雑誌の閲覧には専用のビューワーを使う。閲覧できるのは3時間という制限があるが、ラウンジ滞在中に加えて、飛行機に乗っている間も利用できるように時間を定めた。一部の雑誌はPDFでダウンロードでき、時間制限なく閲覧することが可能。サービス開始時点で23の雑誌をそろえた。従来からANAラウンジには雑誌があるが、置ける部数には限りがある。電子雑誌にしたことで、部数の制限がなくなり、ほかの客が読んでいる雑誌でも同時に読めるようになる。

 ANAのCS & プロダクト・サービス室長の福田哲郎氏は、新サービスの狙いについて「フルサポートサービスの航空会社として魅力を高めるため、情報提供の分野で改善できることはかないかと研究した結果」と語る。

 サービスは当初、伊丹空港のラウンジで開始し、2012年度内に羽田空港と成田空港のラウンジでも提供する。その後、順次国内のすべてのANAラウンジにサービスを広げる予定だ。伊丹空港で最初に始めるのは、このサービスの主なターゲットとなるビジネス客の利用比率が高いため。実際の利用状況を見ながらサービス内容に改善を加えていくという。

 日本ユニシスはこのサービスを提供するに当たり、「LoMeS(ロメス、Location-based Media Service)」と呼ぶ、特定の場所で限られたセグメントの人に限定してデジタルコンテンツを配信するプラットホームを採用した。雑誌やニュースなどのコンテンツはクラウド環境のサーバーに保管し、インターネット経由で配信している。同社代表取締役専務執行役員の平岡昭良氏は、「今後、ショッピングセンターや病院、図書館など、空港ラウンジ以外のスペースなどに対して、同プラットホームを売り込みたい」としている。

 なお、ANAが提供しているラウンジは、国内の空港14カ所にある。ANAの旅客のうち、プレミアムクラスと呼ばれる上級席の乗客や、プレミアムメンバーと呼ばれるANAの利用頻度の高い乗客の一部などが無料で使える施設。出張の多い40~50代の男性客が多い。平均滞在時間は40分程度で、あらかじめラウンジの利用時間を見込んで空港に向かう人が多いという。2011年度のANA国内線利用者は、ラウンジのない空港も含めて3902万人。そのうち、ラウンジ利用者は370万人だった。