PR

 フィンランドNokiaは現地時間2012年9月5日、米Microsoftの次期モバイルプラットフォーム「Windows Phone 8」を搭載するスマートフォン「Nokia Lumia 920」および「Nokia Lumia 820」(写真)を発表した。いずれもLTEとHSPA+に対応し、一部地域で年内に販売を開始する。詳細な発売日や価格については後日明らかにするとしている。

 フラッグシップモデルのLumia 920は、4.5インチの「PureMotion HD+」ディスプレイを搭載する。解像度は1280×768ドット(WXGA)で、タッチ操作機能「Super Sensitive Touch」には、米Synapticsの「ClearPad Series 3」技術を採用している。

 プロセッサは動作周波数1.5GHzのデュアルコア「Snapdragon S4」を採用。メモリー(RAM)は1Gバイトでストレージ容量は32Gバイト。外形寸法は高さ130.3mm、幅70.8mm、厚さ10.7mmで、重量は185g。

 870万画素のメインカメラは手ぶれ補正機能を備えるほか、「PureView」画像処理技術により競合製品と比べて5倍以上の光を集められるため、室内や夜間でも鮮やかな写真やビデオを撮影できるという。30fpsのフルHD(1080p)動画撮影が可能。

 拡張現実(AR)アプリケーション「City Lens」が付属し、カメラを通じて風景を見るとレストランや店舗、ホテルなどに重ねて関連情報が表示される。

 ミッドレンジモデルのLumia 820は、解像度800×480ドット(WVGA)の4.3インチディスプレイを備え、1.5GHzのデュアルコアSnapdragon S4プロセッサを搭載する。800万画素のメインカメラは30fpsのフルHD動画撮影に対応する。1Gバイトのメモリー(RAM)を装備し、ストレージ容量は8Gバイト。外形寸法は高さ123.8mm、幅68.5mm、厚さ9.9mmで、重量は160g。カラーケースの着せ替えが可能。

 Lumia 920とLumia 820は、いずれもNokiaの地図およびナビゲーションサービス「Nokia Maps」「Nokia Drive」「Nokia Transport」などを統合するほか、近距離無線通信(NFC)、「Qi」ワイヤレス充電をサポートする。Microsoftのオンラインストレージサービス「SkyDrive」を7Gバイト無償で利用できる。

 Windows Phone 8スマートフォンとしては韓国Samsung Electronicsが一足先に「ATIV S」を発表している(関連記事:Samsungが新ブランド「ATIV」発表、Windows Phone 8搭載スマホなど)。また、9月12日には米Appleが「iPhone」の新モデルを発表すると見られている(関連記事:「iPhone 5」を発表か、Appleが9月12日のイベント招待状を送付)。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]