PR

 ペンタックスリコーイメージングは2012年9月11日、デジタル一眼レフカメラの「PENTAX K-5 II」「同K-5 II s」および、小型ミラーレス一眼の「PENTAX Q10」を10月中旬から発売すると発表した。価格はオープン。

 PENTAX K-5 IIは、ペンタックスリコーの最上位機となるデジタル一眼レフカメラ。APSに近いサイズで、有効画素1628万画素のCMOSセンサーを搭載する。AFセンサーの改良により、AF輝度範囲が-3EV~+18EVと広がり、従来よりも暗い場所でピントが合いやすくなった。また背面の3型液晶モニターを、外光の映り込みが少なく見やすいタイプに変更した。連写速度は最高で毎秒7コマ。1920×1080ドットで毎秒25コマのフルHD動画も撮影可能だ。本体のみの「ボディキット」は、実勢価格で約11万円。35mmフィルム換算で27.5~207mm相当となる7.5倍ズームレンズが付属する「18-135WRレンズキット」は、約16万円。

 同K-5 II sは、「モアレ」と呼ばれる縞模様の発生を防ぐために細かい模様をぼかす「ローパスフィルター」という部品をK-5 IIから省いた製品。周期的な模様がある被写体を撮影するとモアレが発生する可能性があるが、それ以外の多くのケースでは解像感の高い写真を撮影できる。ほかの仕様はK-5 IIと同様。本体のみの実勢価格は12万円台半ば。

 「同Q10」は、通常のコンパクトデジタルカメラと同等サイズの1/2.3型CMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ。幅102×高さ58×奥行き33.5mmで重さ200g(バッテリー、SDカード込み)と、小型・軽量なのが特徴だ。有効画素数は1240万画素で、前モデルの「PENTAX Q」よりも感度や階調表現力が高くなったという。また、暗所や望遠撮影時の合焦速度が向上している。グリップ部分が大きくなるなど、本体デザインも一部変更している。連写速度は最高で毎秒約5コマ。手ぶれ補正機能を本体に内蔵する。店頭販売モデルの本体色は銀、黒、赤の3色。また、カメラボディ20色とグリップ5色の100種類の組み合わせから、店頭販売モデルの3種類を除いた、97種類のカラーバリエーションを受注販売する「オーダーカラー受注サービス」も実施する。この場合、納期は最短で約2週間になる。

 本体のみの「ボディキット」は実勢価格で3万円台半ば。35mmフィルム換算で27.5~83mm相当の標準ズームレンズが付属する「ズームレンズキット」は約5万円。ズームレンズキットに、35mmフィルム換算で83~249mm相当の望遠ズームレンズを加えた「ダブルズームキット」は約7万円。また、同社のデジタル一眼レフ用の「Kマウント」対応レンズを装着できる「Kマウントレンズ用アダプターQ」も実勢価格2万円台半ばで発売する。