PR


 米アップルは2012年9月12日(現地時間)、メディア管理ソフトウエア「iTunes」の新バージョンを発表した。10月からの提供を予定している。

 新バージョンのiTunesはインタフェースを一新。「ミュージック」のジャケット一覧からアルバムを選ぶと、収録されたトラックなどの詳しい情報を拡張して表示する。同じ画面からそのまま再生したり、iTunes Storeで提供されている似たテイストの楽曲をチェックできるのも特徴だ。ストア内では好きなアルバムやアーティスト、ジャンルを選ぶだけでテイストの似たお薦めが表示され、新たな楽曲にも出会いやすい。また、新機能の「Up NEXT」では、ボタンをクリックすると再生待ちの楽曲を確認できたり、次に聴きたい曲が選べる。従来より小型化したミニプレイヤーでも同様の操作が可能だ。

 iTunes StoreはMacやWindowsのパソコン、そのほかのiOSデバイスで共通の新インタフェースを採用。また、iCloudとの連係を強化し、一度プレビューした楽曲や映画の予告編などの履歴を複数の機器で同期できる。ダウンロードしたコンテンツの共有にも対応しており、途中まで再生した楽曲や動画などをほかの機器から再開することも可能だ。

 なお、10月のリリースに先駆けて、同社は現在の最新版となる「iTunes 10.7」を公開している。iOS 6をサポートしたバージョンで、公式サイトからダウンロードが可能。