PR

 NVIDIAは2012年9月13日、新アーキテクチャー「Kepler」を採用したグラフィックスチップ「GeForce GTX 660」「GeForce GTX 650」を発表した。いずれもDirectX 11.1対応で、PCとのインターフェースはPCI Express 3.0だ。同時に複数のメーカーが同チップを搭載するグラフィックスボードを発売している。

GeForce GTX 660を搭載した「ZT-60901-10M」(ZOTAC International、実勢価格は2万4000円前後)。レファレンス仕様と比べてグラフィックスコアの動作周波数を993MHz(ブースト時は1.059GHz)にオーバークロックしている。
GeForce GTX 660を搭載した「ZT-60901-10M」(ZOTAC International、実勢価格は2万4000円前後)。レファレンス仕様と比べてグラフィックスコアの動作周波数を993MHz(ブースト時は1.059GHz)にオーバークロックしている。
[画像のクリックで拡大表示]

GeForce GTX 650を搭載する玄人志向の「GF-GTX650-E1GHD」(実勢価格は1万円前後)。メモリー容量は1GB。
GeForce GTX 650を搭載する玄人志向の「GF-GTX650-E1GHD」(実勢価格は1万円前後)。メモリー容量は1GB。
[画像のクリックで拡大表示]

 GeForce GTX 660は8月に発売済みの「GeForce GTX 660 Ti」の下位モデル。GTX 660 Tiを搭載するグラフィックスボードの価格帯が2万円台後半~3万円台前半なのに対して、GTX 660は2万3000~4000円程度。NVIDIAによると「ゲームプレーヤーの9割は299ドル未満のグラフィックスボードを購入する」としており、GTX 660はミドルクラスの本命と見られる。補助電源の端子はGTX 660 Tiが6ピン×2だったのに対して、GTX 660は6ピン×1で済む。

補助電源端子は6ピン×1だ。ZT-60901-10Mは全長191.3mm程度と、GTX 660のレファレンスボードより短い。
補助電源端子は6ピン×1だ。ZT-60901-10Mは全長191.3mm程度と、GTX 660のレファレンスボードより短い。
[画像のクリックで拡大表示]

 GTX 660 Tiやさらに上位の「GeForce GTX 670」「GeForce GTX 680」がハイエンド向けの「GK104」コアを採用するのに対して、GTX 660はミドルハイクラス向けの「GK106」コアを搭載している。Kepler世代でGK106コアを採用するのはGTX 660が初めてだ。統合型シェーダーの数は960個と、GTX 660 Tiの1344個より少ない。メモリーの転送レートやGPU Boostを搭載する点はGTX 660 Tiと同じだ。

 GeForce GTX 650はGTX 660の下位モデル。Kepler世代ではコストパフォーマンス重視の「GK107」コアを採用する。統合型シェーダーの数は384個で、GPU Boostには対応しない。メモリー容量は1024MBと2048MBの2種類を用意する。搭載ボードの価格は1万円台前半。GTX 660より性能は劣るものの、入手しやすい価格帯の製品だ。

GeForce GTX 660とGeForce GTX 650の主な仕様。
GeForce GTX 660とGeForce GTX 650の主な仕様。
[画像のクリックで拡大表示]