PR

 Samsung Electronicsが2012年9月24日に発表した新型SSD「SSD 840 PRO Series」「SSD 840 Series」(新モデルの発表会の様子はこちら)。今回、下位モデルである840 Seriesの評価用サンプルを入手したので、ベンチマークテストの結果をお伝えする(上位モデル「840 Pro」のテスト結果はこちら)。

Samsung Electronicsの新型SSD「SSD 840 Series」。外観(表面)は上位モデル「SSD 840 PRO Series」と同一。
Samsung Electronicsの新型SSD「SSD 840 Series」。外観(表面)は上位モデル「SSD 840 PRO Series」と同一。
[画像のクリックで拡大表示]

 テスト結果の前に、下位モデルである840 Seriesの位置付けを確認しておこう。本製品は、売れ筋の現行製品「830 Series」の後継製品。500G/250G/120GBの3モデル構成でARMのCortex-R4がベースの新型コントローラーを搭載している。注目点は、NANDフラッシュメモリーにTLC(Triple Level Cell)を採用したこと。USBメモリーなどで採用が進んでいるTLCだが、これまでSSDのNANDフラッシュにTLCを採用した例はほとんど無い。性能面への影響が気になるところだろう。

 今回テストしたのは840 Seriesの250GBモデル。テストに使用したパーツは以下の通り。評価したSSDはチップセットのSerial ATA 6Gbpsポートに接続した。ドライバーはIntel製を使っている。テストの実行前に、SSDに「セキュアイレース」を適用して初期化した。

●テストに使用したパーツ
CPUCore i5-3570K
マザーボードP8Z77-V PRO(ASUSTeK Computer、Intel Z77搭載)
メモリーDDR3-1600 4GB×2
OSWindows 7 Ultimate 64ビット日本語版