PR

 KDDIは2012年10月17日、11~12月に発売するAndroidを搭載した冬モデルのスマートフォン9機種とタブレット端末1機種を発表した。通信速度が最大75MbpsのLTE(long term evolution)方式と、スマートフォンを無線LANルーターとして使えるテザリング機能に全機種が対応する。ほかの携帯電話事業者が提供するLTEサービスは、通信速度が最大37.5Mbpsのエリアと75Mbpsのエリアが混在しているが、KDDIは「日本全国のエリアで最大75Mbpsに対応する」(田中孝司社長)とした。なお、従来機種が対応していたWiMAX方式には全機種が対応しない。

 冬モデルの主力製品は、5型のフルHD液晶を搭載した台湾HTC製の「HTC J butterfly」。大画面でありながら、幅を71mmに抑えて持ちやすくした。クアッドコアCPUと最新OSのAndroid 4.1を搭載する。このほか、韓国サムスン電子製の「GALAXY S III Progre」やソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia VL」、富士通モバイルコミュニケーションズ製の「ARROWS ef」などの売れ筋シリーズの新機種をそろえた。NTTドコモが投入する韓国LG電子製のハイスペックモデル「Optimus G」も発売する。

 今回発売するタブレット端末はシャープ製の「AQUOS PAD SHT21」。約7型で1280×800ドットの「IGZO」液晶を搭載した。従来の液晶と比べてタッチパネルが高感度であるため、先の細いペンで手書きの文字などを書きやすい。例えば、地図上にメモを書き込み、その部分を切り取ってメールで送ったり、SNSにアップしたりできる。また、連続使用時間は未定だが、IGZO液晶は省電力駆動できる点も特徴としている。