PR

 米Microsoftは現地時間2012年10月18日、2013会計年度第1四半期(2012年7~9月)の決算を発表した。売上高が160億800万ドルとなり、前年同期の173億7200万ドルと比べて8%減少した。純利益は44億6600万ドル(希薄化後1株当たり利益は0.53ドル)で前年同期の57億3800万ドル(同0.68ドル)から22%減、営業利益は53億800万ドルで同26%減少した。Windows 8のリリースを目前に、WindowsおよびWindows Live事業の売り上げが大きく落ち込んだ。

 ただし、アップグレードキャンペーン「Windows Upgrade Offer」の繰延収入や、Windows 8のOEMへの先行販売分などを調整した非GAAP(会計原則)ベースの場合、売上高は前年同期比で横ばいの173億6400万ドル、1株当たり利益は同4%減の0.65ドル、営業利益は同7%減の66億6400万ドルとなる。

 事業別の売上高は、WindowsおよびWindows Live事業が32億4400万ドルで前年同期から33%減少した。Officeなどを手がけるビジネス部門は55億200万ドルで同2%減。一方、サーバーおよびツール関連事業は45億5200万ドルで同8%増となった。

 Xbox 360やWindows Phone、Skypeなどを手がけるエンターテインメント関連事業は19億4600万ドルで前年同期比1%減。検索エンジンBingなどのオンラインサービス事業は6億9700万ドルで同9%増。同事業は依然として赤字続きだが、営業損失は前年同期から1億5000万ドル縮小し、3億6400万ドルとなった。

 Microsoftは、Windows 8を10月26日にリリースする。また米国では同OS搭載のタブレット型パソコン「Microsoft Surface」の予約受付を開始した(関連記事)。同社のSteve Ballmer最高経営責任者(CEO)は、「Windows 8の発売はMicrosoftの新時代の始まり。過去数年間の投資が実を結ぶ時」と述べ、同OS搭載の新たな機器やサービスへの期待を示している。

[発表資料へ]