PR

 OCZ Technologyの販売代理店であるアスクは2012年11月29日、新型SSD「Vector」の説明会を開催した。同製品は「Vertex 4」の上位モデル。容量が128G/256GB/512GBの3モデルあり、11月30日から販売を開始する。

OCZ Technologyの新型SSD「Vector」。
OCZ Technologyの新型SSD「Vector」。
[画像のクリックで拡大表示]

 Vectorは、Serial ATA 6Gbpsに対応したSSD。OCZが買収したINDILINXの新型コントローラーチップ「Barefoot 3」を搭載する。同社の売れ筋SSDのVertex 4は、Marvell Technology Group製コントローラーチップをカスタマイズして利用していた。

 公称速度は、全モデルとも順次読み出しが550MB/秒。順次書き込みは128GBモデルが400MB/秒、256GBおよび512GBモデルが530MB/秒と高速だ。4KBデータのランダム読み出しは128GBが9万IOPS(1秒当たりの読み書き操作回数)、256GBおよび512GBモデルが10万IOPS、書き込みはいずれのモデルも9万5000IOPS。保証期間は5年間で、書き込み量に制限はない。

Vectorの基板を手に持ち特徴を説明する、OCZ TechnologyのJohnny Preston氏。
Vectorの基板を手に持ち特徴を説明する、OCZ TechnologyのJohnny Preston氏。
[画像のクリックで拡大表示]

Vector 256GBモデルの基板。新型コントローラーチップ「Barefoot 3」を搭載している。
Vector 256GBモデルの基板。新型コントローラーチップ「Barefoot 3」を搭載している。
[画像のクリックで拡大表示]

基板の裏側。NANDフラッシュメモリーを8個搭載している。
基板の裏側。NANDフラッシュメモリーを8個搭載している。
[画像のクリックで拡大表示]