PR

 中国ファーウェイデバイスは2013年2月24日、モバイル関連の展示会「Mobile World Congress 2013」が翌日から開催されるスペインのバルセロナでスマートフォン「Ascend P2」を発表した。LTE(long term evolution)の通信速度は150Mbpsで、1300万画素のカメラを搭載するなど、性能を高めながら本体の厚さは8.4mmに抑えた。

 Ascend P2は、LTEの通信速度でカテゴリー4と分類される150Mbpsの通信に対応したスマートフォン。150Mbpsに対応した端末は世界初という。1300万画素のカメラと、2420mAhのバッテリーを搭載するなどスペックの高さを重視した。本体の厚さを抑えるために、液晶パネルとタッチパネルの機能を一体化したインセル型の液晶を採用している。CPUは1.5GHzのクアッドコア、液晶ディスプレイは4.7型。6月にフランステレコムのモバイル通信部門であるオレンジが発売する。同じ時期か6月以降に世界各国でも発売される見込み。欧州での価格は399ユーロ(1ユーロ125円換算で約5万円)。

 同社の2012年のスマートフォン販売数は3200万台に到達し、前年と比べて60%増となった。2012年の10~12月には世界販売シェアで同社が3位に入ったという統計結果もあるという。リチャード・ユー最高経営責任者(CEO)は「世界で販売が加速しているが、これは始まりに過ぎない」として、Ascend P2など新端末の販売に自信を見せた。