PR

 米モジラ財団はモバイル関連の展示会「Mobile World Congress 2013」の開幕前日となる2013年2月24日、スペインのバルセロナで記者会見を開き、モバイル機器向けの新OS「Firefox OS」を披露した。Webの標準技術であるHTML5で記述したアプリケーションが動作する。米アップルのiOSや米グーグルのAndroidと比べて自由度が高く、通信事業者やアプリケーションの開発者が新たな用途やサービスを生み出しやすいことを訴求した。

 Firefox OSが動作するスマートフォンは、中国ZTEと中国TCLコミュニケーションの携帯端末ブランド「ALCATEL ONE TOUCH」のほか、中国ファーウェイや韓国LG電子が開発中。会見では、ZTEとALCATEL ONE TOUCHが開発した端末でFirefox OSをデモした。

 アドレス帳、音楽再生、フォトレタッチ、ゲームといったさまざまなアプリを紹介し、従来のスマートフォンと遜色ない多彩な用途に使えることをアピールした。開発者はHTML5用の命令セットを使って、スマートフォンのカメラ、ジャイロセンサー、Bluetooth、USBなどスマートフォンのさまざまな機能を使ったアプリを制作できる。

 専用のアプリ配信マーケットもあるものの、通信事業者が独自のマーケットを構築してユーザーに提供することも可能。モジラ財団のジェイ・サリバン製品担当副社長は「アプリ開発者や通信事業者が自由に革新を生み出せる、みんなのエコシステム」と説明した。同じくモジラ財団のゲイリー・コバックス最高経営責任者(CEO)は「これまでのWebはオープン化することで進化してきた。モバイルもそうなるべきだ」と語り、普及に向けた意気込みを示した。

 会場では世界各国の通信事業者がFirefox OSへの賛同を表明した。テレコムイタリア、スペインのテレフォニカ、ノルウェーのテレノール、ドイツテレコム、メキシコのアメリカモービルなど世界各国の有力な通信事業者が名前を連ねた。

 日本の通信事業者の中ではKDDIがFirefox OSに取り組む。KDDIは「AndroidやiOSを否定するわけではなく、異なるニーズを取り込める可能性があるということ」(記者団の質問に答えたKDDIコンシューマ事業本部長兼ソリューション事業本部担当兼グローバル事業本部担当兼商品統括本部担当の石川雄三取締役 執行役員専務)と説明。これまで携帯電話を使ってきたユーザーに対して低価格のスマートフォンを提供するなどの検討を進める。KDDIがFirefox OS端末を投入する時期は2014年後半の見通し。


■変更履歴
 記事公開時、「ONE TOUCH」の表記が「onetouch」となっていました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2013/3/1 15:46]