PR

 米マイクロソフトは2013年3月12日、Windows 8およびWindows RTに搭載されているInternet Explorer(IE)10をアップデートし、Flashコンテンツを標準で閲覧できるようにすると発表した。アップデートは3月13日以降、Windows Updateを通じて提供される。

 Windows 8は、新しいユーザーインタフェース(UI)を採用したWindowsストアアプリ版IE10と、デスクトップ環境で動作するデスクトップアプリ版IE10の2つを搭載している。そのうち新しいUIのIE10は、Flash Playerなどのプラグインを使用できない仕様となっている。

 その代わりに、Flashを利用したWebサイトの閲覧には、IE10にもともと組み込まれているFlash用のコンポーネントを利用できる。ただし、従来のFlash用コンポーネントは、Flashを使った全てのWebサイトを閲覧できるわけではなく、マイクロソフトが管理する「互換性表示リスト」に登録された一部のWebサイトのみ、閲覧可能にするものだった。同社によると、「タッチに対するコンテンツの応答性が十分に高いか、スクリーンキーボードで問題なく動作するか、バッテリーの寿命に影響しないか、表示されるメッセージがWindowsストアアプリのユーザーエクスペリエンスガイドラインに準拠しているか」などの基準を満たす場合に互換性表示リストに登録し、新しいUIのIE10で閲覧可能にしていたという。

 一方、今回のアップデートでは、このFlash用コンポーネントをさらに最適化するとともに、一部のWebサイトを除く全てのFlashサイトを標準で閲覧可能にする。具体的には、互換性表示リストの位置付けを180度変更。今後は、基準を満たさないWebサイトのリストに切り替え、互換性表示リストに登録されたWebサイトだけをブロックして、閲覧できないようにする。それ以外の大部分のFlashサイトは、閲覧可能になるわけだ。

 このアップデートは、Windows RTに搭載されたIE10にも適用される。Windows RTの場合、デスクトップ版のIE10についてもプラグインが使用できず、これまではFlashコンテンツの閲覧に制約があった。今後は、互換性表示リストに登録されたWebサイト以外は、新しいUIのIE10でも、デスクトップ版のIE10でも、閲覧可能になる。

 マイクロソフトは、今回行う変更の理由を、「開発者たちがFlashコンテンツを改善した結果、Flashコンテンツを含む大部分のWebサイトが、Windows 8が目指す体験に適合した」ためだとしている。

 なお、Windows 8に搭載されたデスクトップ版のIE10は、もともとプラグインが利用できるので、Flash Playerをインストールすることで、以前から全てのFlashサイトを閲覧できている。