PR

 米IDCが現地時間2013年3月12日に公表したタブレット端末市場に関する調査によると、2013年における世界の出荷台数は1億9090万台となり、同社が先に予測していた1億7240万台を上回る見通し。小型、低価格の端末が伸びており、市場全体の出荷台数を押し上げると予測している。世界のタブレット市場は今後年平均16.6%のペースで成長し、2017年には3億5000万台を超える規模になるとIDCは見ている。

 同社が予測する2013年のOS別出荷台数シェアは、Androidが48.8%で最も多く、この後iOSの46.0%、Windows(Windows 8および同7)の2.8%、Windows RTの1.9%と続く。Androidのシェアは2012年に著しく伸びており、この傾向が今後も続くことからIDCは同OSの予想シェアを41.5%から上方修正した。これに伴ってiOSのシェアは2012年の51%から低下するとIDCは予測している。

 また長期的に見ると、AndroidとiOSのシェアはWindowsにいくらか奪われるという。同社が予測する2017年のWindowsのシェアは7.4%となるが、Windows RTは2.7%にとどまる。IDCのTom Mainelli調査ディレクターによると、「タブレット向けにWindows 8とWindows RTという2つのOSを市場投入したMicrosoftのアプローチは今のところあまり良い結果が得られていない」。今後MicrosoftやメーカーがWindows 8搭載タブレットに注力することで、Windowsのシェアは上昇するだろうとしている。

 一方、低価格、小型タブレットが台頭することで電子書籍専用端末は減少していく。2011年に2640万台を出荷した電子書籍専用端末は、2012年に1820万台に減少した。今後2年間は緩やかな伸びにとどまり、2015年から再び減少が始まるとIDCは見ている。

[IDCの発表資料へ]