PR

 フェンリルは2013年3月26日、日本発Webブラウザー「Sleipnir」の最新版「Sleipnir 4 for Windows」を公開した。独自のエンジン調整で描画速度と安定性を向上。1カ月間動画やWebアプリを開き放しにしても速度が落ちず再起動なしでWebブラウズを続けられるという。無料でダウンロードできる。

 レンダリングエンジンにWebKitとTridentを採用し、独自にチューニング。速度低下を起こりにくくした。使用するエンジンをワンボタンで切り替えでき、Webページごとに使用エンジンを設定して自動切り替えも可能。

 Windows 8のAero廃止に合わせてUI(スキン)も一新。UIパーツを軽量化して起動を30~50%高速にした。飽きのこない落ち着いたトーンのデザインで視認性を高め、長時間、疲れを感じず使える。

 このほか、キーボード入力をせず、マウスで文字を範囲選択するだけで検索できる「ピックアップ検索」機能などを搭載した。対応OSはWindows XP/Vista/7/8。

  • 製品情報
  • フェンリルのWebサイト