PR

 米Microsoftは現地時間2013年3月26日、「Blue」と呼ぶ一連の開発計画に取り組んでいることを明らかにした。また、開発者会議「Build 2013」の開催を発表し、同会議で「『Windows』『Windows Server』『Windows Azure』『Visual Studio』などのアップデートと次の段階に関する情報を公表する」としている。

 Build 2013は6月26~28日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催する。4月2日に専用サイトで登録受け付けを開始する(画面)。

 同社企業コミュニケーション担当コーポレートバイスプレジデントのFrank X. Shaw氏はBlueについて、「市場における優れた製品基盤と当社が展開するべき明確なビジョンとともに、Microsoftの製品リーダーたちがデバイスとサービスを前進させるために力を合わせて取り組んでいる計画」と説明した。ただしBlueという呼び名が製品名に採用される可能性は「ほとんどない」と述べている。

 MicrosoftはBlue計画の詳しい内容は明らかにしていないが、以前から同社がWindows 8改良版となる「Windows Blue」の開発を進めていると噂されていた。先週末にはWindows Blueの早期ビルドとされる画像がネット上に流出した。流出画像によると、スタート画面のタイルは大きくなり、コントロールパネルを使わなくてもカスタマイズできるようになっているという(米PCMag.com米FOX Newsなどの報道)。

[関連記事:「10億台のWindowsプラットフォーム市場にアプリ開発を」、Ballmer氏が開発者に強調 (Build 2012)]
[発表資料(1)]
[発表資料(2)]