PR

 ミクシィは2013年3月28日、自分のmixiページを訪れた人を表示する「訪問者」サービスで、訪問者が即時に分かる「リアルタイム表示」機能の正式運用を開始した。サービス当初に提供していた「足あと」機能の一部を事実上、復活させた。

 リアルタイム表示機能は、訪問者の訪問時間とプロフィール画像、ニックネーム、訪問先の経由をリスト表示する。表示される訪問者は「友人」「友人の友人」のユーザー、mixi同級生や一部のコミュニティの参加者、日記の引用元となるニュース記事経由に限られ、つながりのないユーザーは表示しない。

 訪問者サービスは2011年6月に提供開始。足あと機能のリアルタイム訪問者表示に抵抗感を持つユーザーが多かったことなどから、1週間に1度表示する仕様に切り替えたと説明している。その後、ユーザーの利便性を調査しながら表示期間を順次短縮。今年1月にリアルタイム表示を復活させて試験提供していた。

 同社の調査によると、1人当たりの訪問者一覧の閲覧数が2倍に増加したという。また、訪問者経由の友人追加リクエスト数が15%増加し、ユーザーの利便性が向上したのが確認できたとして正式サービスを決めた。

  • 「mixi」のWebサイト