PR

 台湾Acerは2013年6月3日、台湾・台北で4日から8日まで開催される「COMPUTEX TAIPEI 2013」に先駆けてプレスカンファレンスを実施し、世界初となる8インチのWindows 8タブレット「ICONIA W3」を発表した(写真1)。

写真1●AcerのICONIA W3
写真1●AcerのICONIA W3
[画像をクリックすると拡大表示]
写真2●縦位置ならば片手で持てる
写真2●縦位置ならば片手で持てる
[画像をクリックすると拡大表示]

 これまで10インチクラスが中心だったWindows 8タブレットとしては初となる8.1インチのディスプレイを搭載。Acer Corporate PresidentのJim Wong氏は、「Intelプロセッサを搭載したフルスペックのWindows PCを、片手で持って利用できる」とメリットを語った。

 標準で「Office Home and Student 2013」をプリインストールするのが特徴。個人差はあるが、縦位置で片手持ちが可能なレベルである(写真2)。

 プロセッサはIntel Atom Z2760(Clover Trail)、メモリーは2GBを搭載する。8.1インチディスプレイの画面解像度は1280×800ドット。厚さは11.35mm、重量は540gとなっている。ストレージは32GBまたは64GBを搭載、microHDMIポート、microSDスロットを備える。最大8時間のバッテリー駆動が可能で、Connected Standbyにも対応する。2013年第2四半期以降に発売する。

写真3●Bluetoothキーボードが用意される
写真3●Bluetoothキーボードが用意される
[画像をクリックすると拡大表示]
写真4●キーボード底面に本体をはめ込んだ様子
写真4●キーボード底面に本体をはめ込んだ様子
[画像をクリックすると拡大表示]

 オプションとして、Bluetooth接続のキーボードを用意(写真3)。地域によっては本体に同梱して販売される。キーボード底面にはICONIA W3本体をはめこむための凹みがあり、一体化させて持ち運ぶことができる(写真4)。タブレット本体は8インチと小さいにもかかわらず、キーボードは13インチノートPC並みのの大きさを確保。タブレットよりキーボードの横幅が広いデザインとなっている。

 日本国内での発表も予定しており、「期待して待っていてほしい」(Acer広報)と述べた。なお、国内ではOfficeの「Home and Student 2013」は取り扱っていないため、異なるエディションになると思われる。