PR

 米インテルは2013年6月4日から8日まで台湾・台北市で開催されたIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2013」で、第4世代Coreプロセッサーを搭載したNUC(Next Unit of Computing)準拠のマザーボードを展示した。2013年第3四半期に出荷する。

 NUCは米インテルによる、手のひらサイズの小型デスクトップパソコンのための規格。現在はCore i-3000シリーズやCeleronを搭載したマザーボードや、マザーボードとケースのセットが販売されている。展示されていたのは、Core i5-4250Uを搭載したモデル。SO-DIMMスロットを2本備えており、デュアルチャンネルDDR3-1600(最大16GB)に対応する。

 端子は、Mini HDMIやMini DisplayPort、USB 3.0×4、Serial ATA×1、1000BASE-T(ギガビットイーサネット)など。PCI Express Mini Cardスロットを2本、USBの内部接続用ピンヘッダーなどを備える。

第4世代Coreプロセッサーを搭載したNUCのマザーボード。中央がCPU。チップセット(PCH)を1チップ化した、Uシリーズだ
第4世代Coreプロセッサーを搭載したNUCのマザーボード。中央がCPU。チップセット(PCH)を1チップ化した、Uシリーズだ
[画像のクリックで拡大表示]

メモリーはSO-DIMMを取り付ける。下にあるスロットはPCI Express Mini Card。1本はハーフ、もう1本はフル/ハーフに対応する
メモリーはSO-DIMMを取り付ける。下にあるスロットはPCI Express Mini Card。1本はハーフ、もう1本はフル/ハーフに対応する
[画像のクリックで拡大表示]

電源はACアダプターで供給する。LANは1000BASE-T対応。ミニタイプのDisplayPortとHDMIを備える
電源はACアダプターで供給する。LANは1000BASE-T対応。ミニタイプのDisplayPortとHDMIを備える
[画像のクリックで拡大表示]

背面と前面にUSB 3.0端子を2個ずつ搭載している
背面と前面にUSB 3.0端子を2個ずつ搭載している
[画像のクリックで拡大表示]

展示されていたマザーボードの主な仕様。スライドによると、Core i3-4010Uを搭載したモデルもあるもよう。展示のマザーボードについて出荷時期を尋ねたところ第3四半期とのことだった
展示されていたマザーボードの主な仕様。スライドによると、Core i3-4010Uを搭載したモデルもあるもよう。展示のマザーボードについて出荷時期を尋ねたところ第3四半期とのことだった
[画像のクリックで拡大表示]