PR

 アップルは米国時間の6月10日、サンフランシスコ市内で開幕した「WWDC(世界開発者会議)2013」の基調講演において、iPhone/iPad/iPod touch用の次期OS、「iOS 7」と、Mac用の次期OS「OS X Mavericks」を発表した。いずれも同日から開発者向けのプレビュープログラムを配布する。製品版は今秋リリースの予定。インテルの第4世代Core iプロセッサーを搭載した「MacBook Air」の新モデルと、IEEE 802.11 acに対応した新デザインの無線LANアクセサリー「AirMac Time Capsule」「AirMac Extreme」も同日、発売を開始した。基調講演ではこのほか、現在開発中のクリエイティブユーザー向けMacである「Mac Pro」の新モデルと、Webブラウザー上で稼働するオフィススイート「iWork for iCloud」も紹介した。

UIを一新し、iTunes Radio機能などを新たに搭載した「iOS 7」

 今回のWWDCで最も注目されたiOSの次期バージョン「iOS 7」は事前に噂されていた通り、ユーザーインタフェース(UI)を一新して登場、「iPhone導入以来の最大の変貌」(アップルのティム・クックCEO)を遂げた。「スキュアモーフィズム(skeuomorphism)」と呼ばれる、従来のOS XやiOSで多用されてきた現実世界を模写したルック&フィールを廃止、抽象化を進めたフラットデザインを全面的に採用したのが特徴。「カレンダー」「メッセージ」「メール」「通知センター」などのiOS標準アプリもすべて新たにデザインされた。またiOS 7は、すべての機能がマルチタスクで動作可能になり、各種アプリによる情報取得がより便利になるという。

 Webブラウザーの「Safari」も大幅に機能が強化された。ブラウズ中のページを制限無くタブ化することが可能(従来は8画面まで)になり、タブの切り替えも3D表示の派手なものになった。「カメラ」は新たにフィルター機能を搭載、撮影した写真を時間や場所に基づいてまとめられるようになった。音声を使ったパーソナルアシスタントである「Siri」も、Twitter検索やWikipedia検索が可能(当初は英語、フランス語、ドイツ語で対応予定)になったほか、マイクロソフトの検索エンジン「Bing」を標準の検索ツールとした。

 このほか、画面下から上にスワイプすることでiOSデバイスの各種の設定を簡単に変更できる「コントロールセンター」、Wi-Fi経由で近くのユーザーと簡単にファイル共有できる「AirDrop機能」なども搭載される。「App Store」のアプリアップデートが自動的に行われるようになるのも、地味だがうれしい改善点だ。

 事前に「iRadio」の名称で噂が出ていた音楽ストリーミングサービスの「iTunes Radio」も、iOS 7の「ミュージック」アプリに搭載する。利用に際しては画面内に広告が表示されるが、「iTunes Match」を利用しているユーザーは広告なしバージョンを無料で利用できる。まずは米国でサービスを開始し、順次海外にも展開していくという。

 iOS 7の対応端末はiPhone 4以降、iPad 2以降、iPad miniと第5世代のiPod touch。

シンプルなフラットデザインを採用し、画面の印象を一新した「iOS 7」。
シンプルなフラットデザインを採用し、画面の印象を一新した「iOS 7」。
[画像のクリックで拡大表示]