PR

 米Yahoo!は現地時間2013年6月20日、ブログサービス米Tumblrの買収を完了したと発表した。Marissa Mayer最高経営責任者(CEO)は声明で「Tumblrは大変素晴らしい会社。Davidと彼のチームを正式にYahoo!に迎え入れたこと嬉しく思っている」と述べた。

 TumblrはDavid Karp CEOが2007年に設立した会社。同サービスは写真や動画、テキスト、音声、Web記事の引用、リンクなどを手軽に投稿でき、ブログとソーシャルブックマークを組み合わせたスタイルが人気を集めている。Yahoo!は1カ月前の5月20日にTumblrを約11億ドルで買収することで最終合意に達したと発表していた(関連記事)。

 先の発表のとおりYahoo!は今後もTumblrを独立した会社として存続させる。製品、サービス、ブランドはいずれもTumblrのチームが単独で決定、開発し、Karp氏もCEOにとどまるとしている。

 一方で今後、TumblrはYahoo!のパーソナライズ技術や検索インフラを利用して顧客サービスを高めることができる。またYahoo!は、Tumblrのコンテンツを自社メディアネットワークや検索サービスの対象に含めことができ、2社の組み合わせはまたとない機会がもたらされるとしている。

 Tumblrの利用者数は現在3億人。だが同社の年間売上高は1300万ドルと規模は小さく、Yahoo!にとっての課題はTumblrの収益力向上と指摘されている。Tumblrはこれまでサイトデザインの美観を損ねる広告を載せることに対して慎重な姿勢を取ってきた。Yahoo!は声明で、「ユーザー体験を高めながらシームレスに広告展開できるようTumblrを手助けしていく」と述べている。

[発表資料へ]