PR

 米Facebook傘下のInstagramは現地時間2013年6月20日、新たにビデオ機能を提供すると発表した(写真)。最長15秒間の動画を共有できる。ビデオ機能を利用可能な最新のInstagramアプリケーションは、「App Store」からiOS版を、「Google Play」からAndroid版を無償でダウンロードできる。

 Instagramで写真撮影する際のカメラアイコンの隣に表示されるムービーカメラアイコンをタップすると、ビデオ撮影に切り替わる。

 ビデオ専用の13種類のフィルターが用意され、オンラインで共有するときにさまざまな加工をかけられる。ビデオを投稿する際、好きなシーンを選んでカバーフレームとして指定できる。

 また、ビデオを撮影後に「Cinema」機能を適用して手ぶれによる映像の揺れを補正することが可能。なおCinema機能の使用は現在、「iPhone 4S」および「iPhone 5」に限られる。

 投稿したビデオは、写真を見られる相手とのみ共有される。同社は「写真と変わらず、ユーザー自身がユーザーのコンテンツのすべてを管理できる」と強調している。

 短いビデオを共有するサービスとしては、米Twitter傘下の「Vine」が注目を集めている。Vineは、コメントをつぶやくのと同様に、6秒以内の短いビデオを手軽に撮影して投稿できる。今年1月にiOS対応アプリケーションをリリースし(関連記事:Twitter、6秒ビデオの投稿アプリをiPhone向けに公開)、今月Android対応アプリケーションを公開した(Vineの公式ブログ)。

[発表資料へ]