PR

 インターコムは2013年6月25日、Windowsのメンテナンスソフト「SuperWin Utilities 3」を発表した。Windows XP/Vista/7/8に対応し、起動時間の短縮やファイルの断片化解消、ハードディスクやCPUの異常監視などを行う。パッケージ版の価格は8190円で3ライセンス付き。ダウンロード版は1ライセンス3800円から。このほか、2、5、10ライセンス版などがある。7月5日に販売を開始する。

 ファイルの断片化を解消するディスクデフラグツールは「PerfectDisk 12 Home」の機能を採用。アプリ起動高速化ツールは「eBooster 4.5」を新搭載して性能を強化した。Windowsの起動高速化機能も搭載しており、同社のテストではWindows 7パソコンの起動時間を56%短縮したという。

 不要なファイルを削除する「全自動クリーナー」では削除項目を増やし、対応ブラウザーも強化。ドライブの故障監視機能では、独自のS.M.A.R.T.エンジン「SmartHDD LifeCycleDetection 2」を搭載、SSDの故障監視にも対応した。

 このほか、Windows 8のタッチ操作にも対応。タッチパネルで操作しやすいように、大きなアイコンや選択ボタンを採用した。