PR

 ソニーは2013年10月16日、35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼「α7 ILCE-7」「α7R ILCE-7R」および、レンズ一体型カメラ「Cyber-shot DSC-RX10」を11月15日に発売すると発表した。価格は全てオープン。

 α7とα7Rは、これまで同社が小型ミラーレス一眼の「α NEX」シリーズで採用していた「Eマウント」を搭載しつつ、35mmフルサイズのCMOSセンサーを内蔵したレンズ交換式カメラ。有機ELを使用した、0.5型の電子ビューファインダーを搭載する。液晶モニターは3型(約92万ドット)で上下に約135度回転する。連続撮影速度は毎秒2.5コマで、速度優先のモードにすれば、毎秒5コマ撮影できる。

 両者の主な違いはCMOSセンサーの画素数と合焦方式。α7は、有効画素数が2430万画素で、一眼レフカメラでよく使われている「位相差検出方式」とコンパクトカメラで主流の「コントラスト検出方式」を併用してピントを合わせる。重さは474g(バッテリーとメモリーカードを含む)。実勢価格は、本体のみで約15万円。焦点距離28~70mmの2.5倍ズームレンズ(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS)が付属する「α7レンズキット」が約18万円。

 α7Rは、有効画素数が3640万画素と多い半面、コントラスト検出方式しか利用できない。α7Rは本体の一部に軽量化のためにプラスチックを使用しており、35mmフルサイズの撮像素子を搭載したレンズ交換式カメラとしては、世界最小・最軽量(バッテリーとメモリーカードを含んで465g)になる。実勢価格は本体のみで約22万円。

 同社は同時に、フルサイズセンサー用のEマウントレンズ(FEレンズ)を5本発表した。「SEL35F28Z」(焦点距離35mm単焦点、希望小売価格8万8200円、11月15日発売)、「SEL55F18Z」(55mm、10万3950円、2014年1月発売)、「SEL2470Z」(24~70mm、13万2300円、2014年1月発売)、「SEL2870」(28~70mm、6万1950円、2014年2月発売)、「SEL70200G」(70~200mm、16万5900円、2014年3月発売)になる。

 また、同日に発表したマウントアダプター「LA-EA4」(希望小売価格3万6750円)、「LA-EA3」(同2万1000円)を使用すれば、同社の一眼レフ向けの「Aマウント」用のレンズも使用できる。従来のAPS-Cサイズセンサー用のレンズを使うと、自動的に撮像素子のうちAPS-Cサイズの範囲だけを使用して撮影する。

 なお同社はこれまで、一眼レフの流れを引き継ぐ「Aマウント」を搭載した「α」と、ミラーレス専用の「Eマウント」を搭載した「α NEX」の2種類のブランドを使用していた。しかし今後は「α」に一本化し、型番からも「NEX」はなくなる。

 Cyber-shot DSC-RX10は、通常のコンパクトカメラよりも大きな1型のCMOSセンサーを搭載し、全域で開放F値がF2.8と明るい8.3倍ズームレンズを搭載したレンズ一体型カメラ。焦点距離は35mmフィルム換算で24~200mm。有効画素数は2020万画素。0.39型の電子式ビューファインダーを備える。最大連写速度は毎秒10コマ。背面の液晶モニターは3型(122.9万ドット)で、上下に角度を変えられる。重さは813g(バッテリーとメモリーカードを含む)。実勢価格は13万円前後。

 発表会の席上で、ソニー業務執行役員 SVPでデジタルイメージング事業本部長の石塚茂樹氏は、「35mmフルサイズの一眼レフカメラユーザーに話を聞くと、『大きく、重くて、持ち運べない』という声が多くあった。これを何とか軽量化したいと思った」とミラーレスタイプを選択した理由を説明した。