PR

 ソニーモバイルコミュニケーションズジャパンは2013年10月17日、腕時計型の端末「SmartWatch 2」(SW2)と、スマートフォン用のクレイドル(台座)「IPT-DS10M」を国内で発売すると発表した(写真1、2)。発売日は2013年10月25日で、販売チャネルは同社直販サイト「Xperia Store」である。

 SW2は、既存のSmartWatch MN2の後継版であり、新たにNFC(Near Field Communication)機能や防水機能、地磁気センサーを搭載した。Xperia本体と連携し、通話処理(着信時の応答や拒否)、情報の確認やメッセージの送受信などができる。ソニーモバイルあるいはサードパーティの開発者が提供する専用のアプリケーションをGoogle Playからダウンロードすることで、機能拡張が可能。

 もう一方のIPT-DS10Mは「スマートイメージングスタンド」と呼ばれ、Xperiaを装着することで、様々な用途に応用できる。例えば、自動的に被写体の顔を認識して、回転、角度調整できるため、パーティ会場などで自動撮影が可能になる。Xperia上のアプリからBluetooth経由でスタンドを制御することで実現する。スタンドはNFC対応となっているため、Xperia本体とのBluetoothのペリアング設定も容易にできる。

 価格は、SW2が1万4800円、スマートイメージングスタンドが1万1800円。